2016新型プリウス 値引き

下取りよりも高い! 今話題のオンライン査定はコチラ!

 

 

新型プリウスの限界値引き額は?

2015年12月に登場した4代目プリウスですが、今でも納車半年待ちの人気車種ですね。

 

そのため、ディーラーでの値引き額はそれほど期待が出来ません。
まずは、トヨタ4系列の間でプリウス同士を競わせて値引きを引き出しながら、
アクアとの比較で交渉していけばある程度の値引きは可能になります。。

 

2016年3月の時点では5〜10万円の値引きが出来れば十分ではないでしょうか。

さらなる値引きを引き出すには?

プリウス本体の値引き額はある程度の所で限界が来ます。
さらなる値引きを引き出すにはどうしたら良いのでしょう?

 

ここから先は下取り車がある人だけの作戦になりますが、少しの手間で大きな成果が期待できる方法です。

 

ディーラーでの下取り価格はかなり低めに見積もられていることを知っている人はまだまだ少ないので、
営業マンも下取り価格で値引き額の調整をしたりする事が多いようです。
値引き額を増やしても、下取り価格を低く抑え、トータルでは普通の値引き額だったという事例はたくさんあります。

 

この営業マンの作戦に対抗するためには、自分の車の実際の買取価格を先に調べておく必要があります。
車専門の買取業者は数多くあり、業者によって買取り価格が違うことも珍しくありません。

 

そのため、複数の業者で買取価格の見積もりを取って比較するのが一番大事になります。 

 

でも、何箇所も買取業者を回って査定をしてもらうのは面倒ですよね。
そんな時に役立つサイトが、オンラインの一括査定です。
簡単な入力で最大10社からの見積もりが直ぐに出てきます。

 

 

一括車査定ガイド

 

 

ここで出た見積もりを持って再度ディーラーとの交渉に臨みましょう。
営業マンの提示とのあまりの差額にびっくりするかもしれません。
なぜなら、下取り価格と買取価格の平均的な差額は10万円以上あると言われていますので。

 

 

最後までディーラーで下取りしてもらう前提で話をして、最終的に買取価格の方が高い場合は値引き額をそのままにして、
下取りだけをキャンセルし買取価格の一番高かった業者へ売ってしまいましょう。
 

 

営業マンとの駆け引きを頑張って最大の値引きを勝ち取りましょう!!